消費者とサービス業の架け橋
 便利屋経営士の種別
 
便利屋経営士登録証の見本<更新190201>
便利屋経営士の種別<190111>
便利屋経営士の種別
 
便利屋経営士は3種類で、それぞれ上級(1級)便利屋経営士、中級(2級)便利屋経営士、及び一般(3級)便利屋経営士があります。

便利屋検定に合格した者は、日本便利屋経営士会に登録した期間内に限り便利屋経営士を名乗ることができます。
<190111>
   
【ご案内】便利屋検定は5等級ありますが、便利屋経営士は3種類(3等級)です。ご注意ください。<190111>
   
日本便利屋経営士会では便利屋経営士の等級ごとに便利屋経営士登録証(A4版・名刺サイズなど)を発行しています。

ホームページなどに掲載する登録証は、商標「便利屋経営士」の前に上級(1級)、中級(2級)の等級を付記します。一般(3級)の場合は、等級を表示しません。
<191026>
 
便利屋経営士登録証の見本
 
インターネットにおける便利屋経営士登録証(ネット)の表示は、現在次の2種類です。

下記の登録証に登録番号などを付して、便利屋経営士登録者のサイトに表示できるように準備いたします。
<190111・更新190306>
◆ 上級(1級)便利屋経営士
235×135 235×90
◆ 中級(2級)便利屋経営士
235×135 235×90
◆ 一般(3級)便利屋経営士
235×135 235×90
【ご案内】便利屋経営士登録証は、適時デザインを変更することがあります。
<191026>
 
 
便利屋経営士
 
 ご案内履歴