消費者とサービス業の架け橋
 経営に関する資料の無料提供・配布(登録後)
便利屋に限らずサービス業の経営や運営・消費者意識や動向などに関する情報や考え方の資料を無料で配布しています。資料配布は不定期です。<191025>
【ご案内】経営に関する資料の配布は、会員専用ページに内に記事を掲載することで代替させていただくことがあります。<191024>
会員登録された方に経営に関する資料をお送りしています<191022>
会員登録された方に経営に関する資料をお送りしています
   
便利屋経営士として登録された方には、経営に関する資料を適時郵送でお送りしています。

消費者として、お得やポイント還元などに振り回されていると、本質を見失ってしまうことがあります。

企業はお得やポイントを還元するために膨大な費用を投じています。
膨大な費用を投じて企業が得ようとしているものは何だろう!

便利屋稼業でも同じです。
自分の仕事に没頭していると、経営の本質が見えなくなってしまうことがあります。

私は以前から、「大工さんの延長上に工務店や建設会社はない!」と説明しています。
ラーメンの作り方を知らなくても、ラーメン屋で儲けることができるということです。

便利屋に一生懸命な人は、便利屋経営で稼ごうとします。
実は経営ではなくて、実際には便利屋の運営で稼ごうとしているのです。

便利屋も立派な経営者です。
ですから、運営することよりも経営が大事なのです。

便利屋運営に没頭していたら、周辺が見えなくなってしまいます。
何が必要かというと、少し離れたところから便利屋経営を見ることです。

いま、経営は10年で腐ると言われています。
腐り始めるのは、3年目くらいからです。

それほど社会の変化が激しく速いということです。

少し薄着したギャルがSNSで億単位を稼ぐ時代です。
一方で一生懸命に汗して働いて生活費に追われる人もいます。

短時間で稼いで、考える時間や遊ぶ時間を稼がなければ・・・
<191022>
 
 
 
 
 
 
便利屋経営士
 
便利屋検定
 
 ご案内履歴